直輸入ワインを来店特別価格で提供

カーヴドユニソンは、インポーター・野村ユニソンの直営店。店内には、野村ユニソンが直輸入したフィリップ・パカレやマルセル・ラピエールなどフランス自然派ワインを中心に約200種類が揃えられている。それだけでなく、優良な海外のサプライヤーから仕入れたグランヴァン約200種類、ウイスキーなどの洋酒約500種類がずらり。合計900種類ものワインや洋酒が並ぶ。

店内が一部、オフィスになっているため、卸売のショールームに間違われるそうだが、20歳以上なら誰でも購入できるショップ。うれしいことにワインもウイスキーも来店特別価格での販売なので、市場価格より1〜2割安く購入できる。近くの高原に別荘をもつ人は、カーヴドユニソンで賢くワインを買い込むのが定番なんだとか。

店内は、元々倉庫だった場所のため、広々。宝探し感覚で巡り歩くのがおすすめ。実際に思わぬお宝に出会えることもある。もちろん、グランヴァンや自然派ワインはセラーにあるので、バックヴィンテージでも状態は良好。長野のワイナリー巡りや高原リゾートを楽しんだときに立ち寄りたいワインショップだ。

ものづくりの会社が輸入するワインや洋酒

カーヴドユニソンは2009年にオープン。運営する野村ユニソンは、ワイン愛好家にとってはインポーターのイメージが強いが、ワインは事業の1つ。長野県茅野市に本社のある1954年創業の、ものづくりの会社だ。約30年前から洋酒やワインを輸入し、フランス・ロワール地方にセシャリエールというドメーヌを運営し、ワイン造りもしている。

輸入するワインは、自然環境に寄り添ったフランスの自然派ワインが中心。こうしたワインを扱うことになったのは、さまざまなワインを飲んでみて、生産者の思いが伝わる素直においしいと思えるワインが自然派だったことから。

その代表格といえるのが、自然派ワインの父といわれるマルセル・ラピエール。彼を日本に紹介したのが野村ユニソン。彼の甥でブルゴーニュの自然派代表フィリップ・パカレのワインも輸入。昨年の来日では長野県へ招き、生産者やワイン関係者に向けセミナーを開催。200人が参加し、多くの関心を呼んだ。

インポーターとして造り手と良好な関係を保っているため、思いも直に伝えてもらえるワインショップとなっている。

店内のレイアウトをチェック

店内は、入って右手のスペース全体がハードリカー、その手前の棚やセラーにワインが眠っている。ワインセラーの入り口にはお手頃な価格帯のワインが揃っている。
ワインセラーの中には、自然派ワインやグランヴァンが並ぶ
貴重なバックヴィンテージも眠る
ウィスキーなど洋酒の品揃えは、なんと500種類!

贈答やコレクション用のブランデーもずらり

おすすめは自社ドメーヌのワイン

「トリ・マルトロード」ドメーヌ・ドゥ・ラ・セネシャリエール ¥2,900

おすすめとして紹介してもらったのは、野村ユニソンがフランス・ロワール地方で運営しているセシャリエールのトリ・マルトロード。
「ミュスカデというブドウを使った自然派の白ワインです。マセラシオンの時間も長めにとっているので、白ワインでありながら皮の苦味やコクが感じられます。
3つのヨットが描かれているのは、初めてのキュヴェが3つの年のブドウで瓶詰めしたことに由来します。こちらは2018年のブドウだけで瓶詰めされていますが、ラベルのかわいさが好評だったので、そのままに。見た目もいいので、食卓に映えます」
野村ユニソンが手がける自慢の味わいを堪能したい。

スタンプカードでお得に買い物

カーヴドユニソンには、スタンプカードが用意されている。スタンプが100個たまると、2,500円分のお買い物券またはポイントに応じた商品の引き換えができる。大きな買い物があるときや頻繁に利用するときには、ぜひ利用したい。

カーヴ ド ユニソン
長野県茅野市ちの625-1
0266-72-5790
9:00〜19:00 日・祝休
http://www.nomura-g.co.jp/business/wine.html