横浜の自然派ワイン発信地


東京には自然派ワインのワインショップや飲食店が増えている。しかし、横浜の中心部には、石川町エリアに「鯖寅果実酒商店」という自然派ワインのパイオニア的飲食店があるのみで、ワインショップはなかった。そこへ2018年7月にオープンしたのが、鯖寅酒販だ。

こちらのお店は、ワインショップだけではなく、ワインバーやレストラン卸としても機能し、横浜の中心部から自然派ワインの波を起こす役割を果たしている。ワインバーでは常時たくさんのワインが開けられ、おつまみの提供もある。初めてでも楽しめるイベントも開催されており、休日や、平日の夕方ごろから店内では気取らない雰囲気でワインを楽しむ人で賑わっている。

横浜で飲むワインをバラエティ豊かに

店主を務めるのは、藍葉健介さん。これまで都内や横浜の業務酒販店でキャリアを積んできた。自然派ワインとの出会いは、横浜の酒販店時代にさかのぼる。「お客様のなかに自然派ワインを出す飲食店さんがいて、その方がきっかけで初めてボージョレーの自然派ワインを飲みました。それまで濃くてはっきりしたワインしか知らなかったので、やさしい味わいなのに旨味があることに衝撃を受けました。こんなにストレスなく飲めるワインがあるんだ、と。そこから自然派にはまっていきました」。

独立したいと思ったのは、横浜にワイン文化を根付かせたかったからだと言う。
「いま、都内には自然派ワインを出す飲食店が増えています。横浜はクラシックなワインが飲める場所はあるけど、自然派まではまだまだ。僕自身、横浜に引っ越してきてそのことに気づきました。横浜にも好きな方はたくさんいるます。そうした方々が気軽に来てもらえたらと思って、オープンしました。飲食店ももっと増えてほしいですね」
横浜の自然派ワインは、ここからにぎやかになって行きそうだ。

色とりどりの自然派ワインを気軽に

鯖寅酒販のワインセラーはガラス張り。色とりどりのラベルが並び、約200種類の自然派を中心としたワインがある。定番といったものはなく、いつ来ても異なるラインナップ。フランス、イタリアなど国ごとの表示もないのは、ジャケ買いで自由に選んでもらえればとの思いから。

「ワインを仕入れるときも、どこの国だからというのはありません。どこだっていいじゃん、おいしければ、というのが信条。そういう意味ではこだわりなく選んでいます。おもしろいラベルもたくさんあるので、それも楽しんでください」

ワインバースペースは、常時15種類くらいのワインが開き、さらには食後酒なども用意。価格はホワイトボードで確認できる。何杯か飲む予定なら、おすすめなのがテイスティングパス。1000円を支払えば、割引価格でドリンクが注文できるしくみ。おつまみや食事も数種類用意され、ラーメンの出前や持ち込みもOK。近くの飲食店で焼鳥、横浜名物シウマイを持ち込んで、3、4時間楽しむ人も。藍葉さんの目指す、気軽な空間が実現されている。

店内のレイアウトをチェック

店内はドアを入ってすぐにワインセラーがあり、奥がバースペース。立席のカウンターのほかにテーブル席も用意されているので、ゆったりと腰を下ろしてワインを楽しむこともできる。

おすすめは、ジュース感覚の自然派ワイン

左)「ランシャン トゥール ブラン ドゥミセック」レ ビーニュ エルベル ¥4,472
右)「ロゼ ダンジュール ロゼ ドゥー2017」レ ビーニュ エルベル ¥4,472

おすすめの2本は、飲みごこちがやさしい自然派ワイン。「元々こちらの生産者の師匠に当たるマルク・アンジェリさんのワインが好きで、お弟子さんのワインにもそれが継承されています。本当にストレスフリーで、リンゴやイチゴジュース感覚で飲めるのが魅力。ワインが苦手だと思った人にでもおすすめできるワインです」。

イベントを続々と企画中!超お得なメンバーズカードも有

鯖寅酒販では、新しく50人限定で「鯖寅酒販メンバーズ」制度を設置。月会費3000円でテイスティングや抜栓料がお得になるしくみだ。そのほか、近隣の飲食店やインポーターと組んで、横浜の自然派ワインを盛り上げるイベントも企画中。気になる人は、FacebookやインスタグラムなどのSNSをチェックしてみよう。


鯖寅酒販
横浜市中区吉田町3-11 サウンド吉田町ビル2F
050-3483-1826
12:00〜22:00
月曜休
Facebook:www.facebook.com/鯖寅酒販-841662932686129/
Instagram:@sabatorasyuhan