横浜の中心部には、世界各国のワインショップがあるが、意外にも自然派のワインショップや飲食店は少なかった。しかし、昨年ごろからじわりと増えている。関内のワインショップ「鯖寅酒販」の藍葉さんにその辺りの事情を聞いた。

扱う飲食店は、野毛&横浜駅エリアに増殖中!

日々、東京や横浜エリアのワイン事情に目を光らせる、東京ワインショップガイド。最近、横浜に自然派ワインの波が来てるように思う。ストレートにこの質問を藍葉さんに投げてみた。

「そうなんです。鯖寅酒販ができたのが、2018年7月。うちは飲食店の卸もやっているので、お声がけして扱うようになった飲食店もあります」

なんと鯖寅酒販さんができたことが、1つのきっかけになったよう。そのほかの酒販店でも自然派を勧めていることから、扱う飲食店が増えた。飲食店の店主も、自然派ワインと自分の作る料理を合わせたいと思ったことがきっかけなのだろう。

次の見出しから、野毛エリア・横浜駅エリア・石川町エリアにわけて、自然派ワインが飲める飲食店をリサーチしてご紹介する。

野毛エリア

ビストロ HOBO
「壮大なホームパーティー」をコンセプトに、友人を招くような温かみのある料理を提供。自家製のシャルキュトリや骨付き鶏もも肉のコンフィなど手の込んだビストロ料理が味わえ、メインは全て1000円以下。ワインは自然派ワインのみというこだわり。自家製果実酒も味わえる。
横浜市中区野毛町2-78 野毛食道楽201

ワインのお店ムー
カウンター中心の、一人飲みやカップルにうれしいお店。6種類くらいがワンプレートになった前菜盛り合わせやワインに合う無国籍なプレートが人気。ワインは全て自然派。「満月ナイト」というイベントを開催している。
横浜市中区野毛町3−133−11

Binginビンギン
アジア料理の定番と自然派ワインが楽しめるお店。お店のイチオシは、自家製アジアソースの肉盛りプレート。トムヤンクンや生春巻きといった定番料理もいただける。お酒はほかにアジアンビールや自家製ビネガーサワーもある。
神奈川県横浜市中区宮川町2丁目16−1 藤井ビル1-B

赤い店 酒三郎
怪しく赤く染まる店内は野毛名物の1つ。オーナーが変わり、ワインと日本酒のバーに。バースタイルで、10種類くらい並んだボトルをお好みでグラスでいただく。珍しい自然派ワインや日本酒にも出会えるかも?!
横浜市中区宮川町1-8トモエ荘1F

金井商店
「日常以上特別未満の居酒屋」をコンセプトに、2018年2月にオープンしたばかりの創作和食の居酒屋。6タップのクラフトビールが繋がっていて、日本酒も豊富。ワインリストはないが、好みを伝えれば自然派ワインのリクエストも可能。モダンな内装ながら、コの字カウンターでお客さんが繋がる雰囲気は、現代版炉ばた焼き屋さんのようなほっこり感がある。
横浜市中区野毛町1-15 はやせビル1階

横浜駅エリア

ビストロ樫
2018年8月オープンの夫婦で営むアットホームなビストロ。旬の食材を使った料理は、一皿一皿、丁寧に作られているのが伝わる美しさ。ランチからコースをいただくこともできる。ワインはフランスの自然派を中心に用意されている。
横浜市西区平沼1-33-19 モンテベルデ第3横浜101

おか田
2018年2月オープンのカウンター割烹スタイルの和食店。自然派ワインが常時グラスで15〜20種類用意され、和食と自然派ワインのマリアージュが楽しめる。コースのみ11,000円で完全予約制。
横浜市神奈川区沢渡2-4 YSビル2F

横浜蕎麦 傳介
香りの良い蕎麦が楽しめるお店。蕎麦前と言われる一品料理が充実。旬の味わいとせいろが楽しめる3500円のコースもある。日本酒なども揃っているが、自然派ワインもグラスで豊富に用意されている。
横浜市神奈川区沢渡2-4

W YOKOHAMA
多彩なイタリアンを世界350種類以上のワインが用意されたお店。店内でお気に入りワインボトルを購入して、持込料600円を払うしくみ。カウンター、ソファー、テラスなどさまざまなダイニングがあって、一人飲みからデート、大人数までさまざまな集まりに使える。
横浜市神奈川区鶴屋町2-16-4 エフテムビル4F

タンメン・カントナ
自然派ワインと中華のお店。18〜22時までは中華屋として、22〜24時まではワインバーとして営業中。よだれ鷄などの前菜や点心、創作ラーメンと自然派ワインのマッチングが深夜まで楽しめる。
横浜市西区平沼 1-33-12くえーるビル1階

焼き鳥おんだ
2018年10月オープンの焼き鳥店。ご主人は横浜の名店出身。おまかせコースでも一品でも、いただける。自然派ワインと焼き鳥を満喫したい夜に!
横浜市西区平沼1-24-8

石川町エリア

鯖寅果実酒店
気軽な値段ながらひと手間かけられたタパスがいただけるバル。店名のとおり、自然派ワインのほかに旬の果物を使った果実酒も用意されている。立ち飲みカウンターが中心のお店で、いつもワイワイとにぎわっている。
横浜市中区石川町5-186-1

イベントでますます盛り上がる横浜の自然派ワイン

飲食店が続々増えていることで盛り上がる横浜の自然派ワイン。横浜の自然派ラバーや、自然派ワインをこれから知る人に向けたイベントも始まっている。その皮切りとなったのが、今年2月に「W YOKOHAMA」で開催された「ナチュラルワインとゆかいな仲間たち」。横浜駅周辺の飲食店が協力しあって計画されたものだ。イベントでは、おか田や傳介、タンメン・カントナの料理が食べられるとあって、前売りチケット制だったが予定していた150人分が完売するほどの人気をみせ、成功に終わった。

野毛エリアでは、鯖寅酒販が、インポーターや飲食店、料理人と協力したイベントをたびたび実施して来た。そして、来たる5月19日には、関内で自然派ワインの大規模なイベントを開催。その名も「横浜“TSUTAERU” WINE FES.2019」。50種類以上のワインをフリーテイスティングしながら、ワインを伝える人のトークが聞けるイベントだ。当日は、日本ワインの造り手や、ワインインポーターの出展者が想いを伝える。

せっかくなので、主催する鯖寅酒販の藍葉さんに意気込みを聞いてみた。
「今回のイベントは、ワインがテイスティングし放題で、そのまま買うこともできます。初の試みとして、出展者の皆さんに熱い想いが聞けます。横浜をワインで盛り上げたいと思うので、ぜひお待ちしています!」

飲食店やイベントでますますにぎわいそうな横浜・自然派ワイン。各国のワイン小売も充実したエリアなので、ワイン好きはこれからも目が離せなくなりそうだ。

お話を聞いたワインショップ
鯖寅酒販
横浜市中区吉田町3-11 サウンド吉田町ビル2F
050-3483-1826
12:00〜22:00
月曜休
Facebook:www.facebook.com/鯖寅酒販-841662932686129/
Instagram:@sabatorasyuhan