最近、ワインショップに行くと見かけるようになった「Uber Eats」のステッカー。自宅やワイン会場に、お気に入りのワインショップのワインが届けてもらえるなんてありがたい! でも、「料金はどうなっているの?」「どうやって注文したらいいの?」など素朴なギモンも。そこで、今回は実際にワインショップのUber Eatsを利用してみました。注文から受け取りまで、意外とカンタンですよ!

STEP1 Uber Eatsのホームページかアプリにアクセス

uber eatsアプリ画面トップワインショップのUber Eatsを利用するには、ワインショップではなくUber Eatsのホームページかアプリにアクセスします。PCやスマホで「Uber Eats」と検索したり、アプリをダウンロードしてみましょう。

初めてUber Eatsを利用する人は、アカウントの作成から。携帯電話番号、メールアドレス、自宅住所などの登録をします(届け先は自宅以外で毎回変更できます)。

STEP2 ワインショップを選ぶ

uber eats ワイン
ログインしたら、「今すぐ注文→自宅の場所」になっています。これを希望の配達日時や配達先に変更します。日時は予約もでき、配達先は自宅や会社だけでなく公園やマンションのパーティールームなど、住所がわかる場所ならどこでも構いません。

今回、ワインを注文するので、検索窓に「ワイン」と入力してください。またはアプリの場合、カテゴリーで「アルコール」を選んでもOKです。

例えば、恵比寿で火曜16時だと、「リカーマウンテン 西麻布店」「ザ ワイナリー トウキョウ」「ヴィノスやまざき広尾店」など、80のワインショップやコンビニ、レストランが出てきました。ここから、好きなお店を選びます。

今回は、「リカーマウンテン 西麻布店」を選びました。

STEP3 ワインを選ぶ


店のページに入ると、こんなふうに選べるメニューリストが登場します。見ているだけでも楽しい♪

お店によっては、こんなUber Eats限定セットもあります。スパークリング3本で3900円とは、安いっ!

こちらは別のワインショップですが、値段別・タイプ別でおすすめワインをセレクトしてくれるメニューもあります。この「ザ ワイナリー トウキョウ」では、赤・白ワインを2500円、3500円、5500円の中から選んでくれ、味のタイプと合わせる料理の選択肢を設けたうえで、ソムリエが選んでくれるようになっています。また、ラッピングなどのオプションを設けているお店もあります。
さて、リカーマウンテンのリストを見て、いろいろと悩みましたが、こちらの赤ワインを購入することに決めました。1本の価格は4500円です。ちなみにこちらは、Uber Eatsアプリ上の価格であり、店頭価格とは異なります

STEP4 金額を確認して、注文を確定する

uber eats決済カート商品を入れてカゴの中を確認すると注文画面に移ります。「小計+サービス料+配送手数料」が合計金額です(エリアや注文額によりサービス料、配送料が異なるため、アプリでご確認ください)。サービス料は小計の10%、配送手数料は距離や配達員の人数によって算出されます(700円未満の少額決済は150円の手数料がかかります)。

今回、配達してもらう恵比寿とワインショップのある西麻布は約2.5km離れていますが、配達手数料は50円でした。安いですね。
受け取り方法は、「玄関先で受け取る」「玄関先に置く」「外で受け取る」から選ぶことが可能。受け取り方法を選択後、コメント欄に補足ができます。

また、注文時にクーポンを利用できる場合もあります。初回オーダーなら、1000円割引クーポンがあります。支払いは、登録しておいたクレジットカード、LINE Pay、Apple Pay、一部エリアでは現金でのお支払いも選べます。今回は、クレジットカードで決済し、注文が完了!

STEP5 待機して、ワインを受け取る

uber eats店舗端末注文を確定すると、アプリは配達を確認できる画面になります。同時にワインショップの端末に情報が届き、それをもとに店員さんがワインを探してくれます。

uber eats配達受け取り店舗注文の連絡は、周辺に待機していた配達員にも入っています。その連絡を受け、配達員がワインショップに到着し、注文の品を受け取ります。

uber eats配達パートナー配達員は、店を出るとそのまま届け先へ向かいます。注文者は、アプリで配達員がどこまで来ているかをリアルタイムで確認できるしくみ。もし、違う場所に行っているようであれば、アプリを介して電話やメッセージを送ることも可能です。

uber eats配達受け取り ワインアプリには「まもなく到着する」ことも知らせてくれます。そして、配達員さんが到着。予定では10〜20分でしたが、今回は15分でした。かなりの正確さ。そして早い!!

uber eats受け取り ワインということでワインを受け取りました〜。初めてやってみましたが、あまりにサクッと届いてびっくり。ちょっとクセになりそう(笑)

ワインは重いので、パーティーのときにはぜひお願いしたい、と本気で思いました。スパークリングワインや白ワインは冷えたものが来るのも、ありがたい。とっさに友達が訪ねてきたときにもいいですね!

ワインを購入するときにギモンになりそうな、Q&Aはこちら。

Uber Eatsのワイン配送Q&A

Q.好きなワインショップは自宅から10キロくらい離れています。配達してもらえるんでしょうか?
A.基本的には、お届け先の住所を入力し、出てきた店舗が配達可能なワインショップとなります。その目安は、注文から30分前後に届けられる範囲です。Uber Eatsと契約している店舗であっても、休業時間帯や配達員が周辺にいない場合は利用できません。

Q.距離別の配達手数料の目安を教えてください。
A.配達手数料は距離やサービスエリアにより異なるため、注文の際にアプリにてご確認ください。

Q.依頼するワインショップは常連ですが、同時に店長に電話で伝えれば、好みのワインを配達してもらうことはできますか?
A.ワインショップなどの店舗には、お客様の情報は共有されません。そのため、何か希望がある場合は、コメント欄で伝えてみましょう。

Q.Uber Eatsをお得に賢く使うワザは、ありますか?
A.「プロモーションコード」というクーポンをチェックしましょう。初回利用時や友達紹介、アプリのアップデート時に利用できます。注文時にクーポンを選択し、「プロモーションコードの追加」をタップし、コードを入力します。キャンペーンは常に更新されているので、アプリ上部分に表示されている情報をチェックしてみるとよいでしょう。

Q.東京で、Uber Eatsで届けてもらえるワインショップは?
A.東京のサービスエリア内で注文ができるワインショップの一部はこちら!
リカーマウンテン(西麻布店、六本木DS店、新橋店、銀座777店、歌舞伎町一丁目店、上野仲町通り店)、ヴィノスやまざき(広尾店、中目黒店)、オルニスワインショップ、ザ ワイナリー トウキョウ、南青山イタリアワイン専門店SASALA、ダイヴトゥワイン神宮前、ウィルトスワイン、君嶋屋恵比寿店、あたご小西、ボンルパ(麻布十番店、中目黒店)、ワインショップnico、ヴィノシティドミ *現在、緊急事態宣言により休業しているワインショップもあります。 

2020年4月現在、Uber Eatsのサービスは東京都のほか、15都道府県で展開されています。Uber Eatsではワインに限らずビールや日本酒などのアルコールメニューがあります。ワインショップのほか、お近くにも酒の販売をされている酒屋やレストランがあるかもしれません。アプリを開いて検索してみてはいかがでしょうか。
<酒販免許を持っていてワインを販売しているレストラン>
焼肉ステーキ喜一、チーズスタンド 、ピッツァ サルヴァトーレ クオモなど

*2020年4月現在の情報です。

<取材協力店舗>
リカーマウンテン西麻布店リカーマウンテン西麻布店
東京都港区西麻布3-21-20
03-5414-2888
16:00〜25:00(金土〜26:00、祝〜24:00)
日曜定休